サイトメニュー

効果の差は個人差がある

看護師

医師に相談しておこう

ボトックスは筋肉を弛緩させるという特性を持ったたんぱく質を気になる箇所に注入する治療方法です。ボトックス効果は幅広く、美容整形の分野においては小顔、シワ、多汗症などの治療によく用いられています。筋肉を弛緩させると、固く発達し大きくなっていた筋肉がほぐれ、細くなります。力も入りにくくなり、発達するのを抑えてくれるため、歯を食いしばる癖がある人はエラができるのを防いだり、表情ジワが発生するのを予防したりすることもできます。ワキに注射すると汗の分泌を抑えることも可能で、多汗症やワキガに悩んでいる人にも効果はてきめんです。しかしこのボトックス効果が得られるのは筋肉に起因する症状の場合のみで、それ以外の原因で発生している悩みに関してはあまり効果は見られません。小顔になりたい人もエラ以外が原因の場合は別の治療方法を提案されるでしょう。シワに関しても、ボトックスが向いているのは目もとやおでこの表情ジワとされ、ほうれい線のような口元のシワに関してはヒアルロン酸注射のほうが適しています。さまざまな箇所の悩みにコミットするボトックスも、適性を見極めなければ恩恵が受けられないので注意しましょう。ボトックスによる治療方法は出血もなく、注射を打つだけと大変手軽です。が、人によっては副作用が出る可能性があります。まず、施術の際、注射針が血管に触れた時は内出血が現れます。肌が黄色くなったり、青あざのようになったりすることが多いですが、あくまでもメイクでごまかせる程度です。だいたい1週間から2週間程度で消えてしまうような軽いものなので、それほど心配はいりません。また、筋肉を弛緩させるのがボトックス効果ですので、エラに注射した場合は咬筋と呼ばれる噛む筋肉に力が入りにくくなります。基本的にはボトックス注射後数時間は食事を控えるように指示を受けます。だいたい1時間から2時間程度で元の状態に戻りますが、もともとエラが張ってしまうほど強く噛む癖があった人にはしばらく違和感が残るかもしれません。あとは個人差があるのですが、まれに頭痛などの症状が現れる人がいます。これも数日間で治まることが多いのですが、気になる人はボトックス注射をした担当医に相談するといいでしょう。ボトックス効果が現れ始めるまでには2週間ほど時間がかかり、徐々に効果が出始めるためすぐに実感は難しいものですが、待っていれば変化はありますので心配はいりません。