医師にしっかり伝える事|ボトックス効果ですっきりフェイス|理想的な整形治療

サイトメニュー

医師にしっかり伝える事

顔に触れる女性

受けたら危険な人もいる

筋肉が大きい事で、顔や脚が大きく見えるコンプレックスを解消できるのがボトックス治療です。それ以外にもエラの筋肉が発達している事で顔が大きく見えたりする事もボトックス効果で改善できます。美容整形外科で受ける事ができますが、一般的な病院とは流れが少々異なります。病院との1番の違いはカウンセリングという医師との面談がある点です。面談ではボトックス効果についてや副作用以外に、患者の希望も含めたボトックス以外の最適な方法まで一緒に検討する場になります。悩みも相談でき、費用も含めて同意したら施術となります。それ以外の基本的な流れは一般的な病院と一緒です。ボトックス効果は、筋肉の緊張を和らげたり緊張させたりする信号を遮断させるものです。その効果と相反する効果のお薬を服用している場合は医師に伝える必要があります。お薬手帳を持参する事により伝える手間も省けますし、ボトックス治療がより安全な治療になります。この様にカウンセリング以外は病院受診の流れと同じです。カウンセリングは問診とは違い面談になり、悩みや希望を医師に伝える機会なので隠さず打ち明ける事が大切です。副作用のない安全な治療方法であり、注射だけで手軽にボトックス効果を得られます。ボトックスはボツリヌストキシンというボツリヌス菌から抽出したたんぱく質を注入します。食中毒の原因菌ですが、人体にその影響を及ぼす為には100回程一気に注射しないといけない程安全です。しかし誰でもボトックス治療を受けられるかと言えばそうではありません。ボトックス効果は主に筋肉の活動を抑えるものです。筋肉の弛緩を抑えるといった逆の効果がある薬を服用している場合は、治療を受ける事はできません。それ以外には妊婦さんも受けられません。妊婦さん自身には悪影響はありませんし、胎児にもどの様な悪影響を及ぼすのかも臨床試験ができないのでわかっていません。わかっていない事なので安全が確保できていない面から、妊婦さんは受けられない様になっています。ワキガ対策にも効果的な薬剤ですが、ワキガ対策の治療の際には汗腺が集中している部分に注射します。その数数十か所になりますので、患部に怪我があると一部分を除いて打つ必要がでてきます。この場合効果は半減すると言われており、怪我が治ってからの治療になります。